performer

今福 龍太 いまふく りゅうた 文化人類学者
東京外国語大学 教授

文化人類学者、批評家。東京に生まれ湘南で育つ。1982年よりメキシコ・キューバ・ブラジルで人類学的調査に従事。中部大学・慶応大学SFC・札幌大学などで教鞭をとり、2005年から東京外国語大学大学院教授。サンパウロ・カトリック大学でも随時セミナーを担当。同時にキャンパスの外に遊動的な学びの場の創造を求め、2002年より巡礼型の野外学舎「奄美自由大学」を主宰。著書に『ミニマ・グラシア』『薄墨色の文法』『ジェロニモたちの方舟』『サンパウロへのサウダージ』(レヴィ=ストロースとの共著)ほか多数。2017年『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』で第68回讀売文学賞受賞。主著『クレオール主義』『群島-世界論』を含む新旧著作のコレクション〈パルティータ〉全五巻が水声社から刊行中。

  • 掲載日:2017年9月1日

参加イベント